忍者ブログ

車買取相場と車買い取り価格を調べよう-【査定必勝方法】

Home > ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新型「マツダ キャロル」を発売

マツダ株式会社は、『マツダ キャロル』を全面改良し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じて2015年1月30日より発売します。

 低燃費とお求めやすさを特徴とする軽自動車「マツダ キャロル」は、今回の全面改良でシンプルかつスタイリッシュなデザインに一新するとともに、車両重量の軽量化と、パワートレインの効率改善を行い、JC08モード燃費で37.0km/Lを実現*1しました。全車がエコカー減税*2の免税対象です。

 また、全車にコーナー走行での安全性を高める「DSC&TCS*3」を、CVT車にはレーザーレーダーによる検知で低速走行時の衝突回避、被害軽減をサポートする「レーダーブレーキサポート」を標準装備し、安全性能を強化しました。

■新型「マツダ キャロル」の商品概要は以下のとおり

シンプルでスタイリッシュなデザイン

  • スマートさと目力を備えたフロントマスクとクールで存在感のあるバックスタイル
  • 全高を低くし、フロントからリヤまで流れるようなサイドビューを実現
  • デザイン性と機能性を両立させたクリーンな印象のインテリア
  • ボディカラーは新色の「シフォンアイボリーメタリック」「ピュアレッド」を含む全7色を設定

燃費性能を向上

  • 軽量、高剛性の新開発プラットフォーム採用、ボディの超高張力鋼板の使用率拡大、樹脂フェンダーなどの採用により、車両重量を軽量化。MT車で610kg、CVT車で650kg*4を実現
  • エンジンの吸気、排気系を新設計。CVT車にはEGRシステムを採用し、燃費性能を向上
  • 車両全体の軽量化に伴い、CVTの変速比を最適化し、燃費性能を向上
  • 燃費向上に貢献する「エネチャージ」「アイドリングストップシステム」「エコクール」をCVT車に標準装備

快適性の向上

  • 室内長を2,040mmに145mm拡大*5、前後乗員距離を900mmに85mm拡大
  • 運転席シートヒーターをCVT車に標準装備
  • 助手席シートヒーターを4WD車に標準装備
  • フロントドアに中間2段ストッパーを採用

安全装備

  • 「DSC&TCS*3」を全車に標準装備
  • 「レーダーブレーキサポート」「誤発進抑制機能」「エマージェンシーストップシグナル」をCVT車に標準装備
  • 運転席と助手席のシートベルトリマインダーを全車に標準装備

廃車買取サイト」はこちら ;

PR

最新!新車情報

●メルセデス・ベンツ、EV特別仕様車「smart fortwo BRABUS electric drive」を限定発売ニュース
●スズキ、「アルト エコ」の一部仕様を変更 ガソリン車トップの燃費を実現 
●日産、「GT-R」14モデルをマイナーチェンジ、600PSの「GT-R NISMO」を追加 
●ホンダ、新型軽自動車Nシリーズ四弾目「N-WGN」「N-WGN Custom」発売 
●スズキ、「ソリオ」をマイナーチェンジ 
●メルセデス・ベンツは11月20日、マイクロコンペクトカー「スマート」の電気自動車に、smart-BRABUS社による専用のチューニングと内外装に特別装備を施した「smart fortwo BRABUS electric drive」を全国限定80台で発売した。
●スズキ、「アルト エコ」の一部仕様を変更 ガソリン車トップの燃費を実現
●三菱自動車、「i-MiEV」を一部改良し、上級グレード大幅値下げ
●ルノー、クロスオーバーモデル「コレオス」をマイナーチェンジ

車買取価格を画面表示!

秋~冬のボーナス商戦に向けて各自動車メーカーから新車情報が活発になってきましたね。
ハイブリッドといえばトヨタのお家芸でしたが、今は日産はもちろん、
ホンダやマツダからも新しいモデルが続々と発売されています。
そこで、この冬、新車乗り換えを検討されている方は、まず愛車の現在価格を調べてみてはいかがでしょうか?
詳しくはこちら【車買取価格.com

チャイルドシート、7割以上が取付に不満

子どもを乗せるとき、チャイルドシートを使用するか、との質問では実に3割が未使用ということが分かった。
使用しない理由としては、子供が嫌がる・手間がかかるが上位を占めた。取付に不満を感じたことがあるかとの質問では、7割の親が不満を感じており、特に乳児・幼児を持つ親が多い20~30代においては、8割が不満を感じていることがわかった。
取付が正しいか確認する方法を知っているかとの質問では、7割の親が知らないと回答。
母親に関しては8割が知らないという結果となった。ミスユース率を減らすための改善方法では、「取付をもっと簡単にできるようにする」という声が最も多く、その他にも「ワンタッチで取付できるようにする」、「規格を統一する」など、誰でも経験や体力に影響されることなく取付できる商品が求められている。
【オススメ】愛車の買い取り相場チェック。

8273becd.jpeg



 

米トヨタ、「いいね!」100万人に到達

各自動車メーカーが、顧客との接点を強化するために活用している世界最大規模のソーシャルネットワーク、「Facebook」。米国において、トヨタの公式Facebookページが大きなマイルストーンに到達したと4日、トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売が明らかにした。同社の公式Facebookページを訪れ、「いいね!」をクリックしたファンの数が、100万人を記録したと告げられたのだ。ちなみに、日本のトヨタ自動車Facebookページの「いいね!」は12万である。米国トヨタ販売はこれを記念して、今後、公式Facebookページにおいて、様々な特別企画を立ち上げる計画。米国トヨタ販売のデーブ・ノードストロム副社長は、「我々のFacebookページがあるのはファンのおかげ」とコメントしている。

クルマの火事に備えるには!?

クルマに乗っていて気をつけなくてはいけないのが、万が一のトラブル。可燃性のガソリンを燃料として走っているクルマには、炎上や爆発の可能性だって考えられるが、自分には関係ないと思っている人が少なくないのではないでしょうか。しかし、特に古いクルマなどでは、自動車が炎上するのは珍しいことではないのだとか…。走っていてボンネットから煙がでたら、すぐに路肩に寄せて停止。エンジンを切って、燃料とオイルの流れを止める必要があります。その後は、クルマから離れてJAFや消防に電話をすること。ただし、このときにやってはいけないことがあります。それはボンネットを開けることです。空気が大量に流入して、発火することがあります。対処法としては、小型の車載消火器が販売されているので、車内に装備しておくと安心でしょう。トラブルに遭遇したときにもっとも重要なのはパニックにならないこと。そのためには、もしもの事態を想定して備えておくことが重要ですね。

どの車買取店が有利なのか

車買取はどこの業者に頼んだ方が良いのでしょうか。
今では車買取もネット上で一括査定が行える時代ですが、前提知識としてどのような業者を選んだ方が有利なのか考えてみましょう。
車買取業者には大手で全国にチェーン展開をしているような店舗とそれ以外の店舗というように大きく二別することができます。
一般にはそのうち前者の大手の車買取店に依頼した方がよりメリットが多いと言われています。なぜなら大手の車買取店の流通経路が売り主から車買取店、そして買い主というふうにシンプルなのに対して、それ以外の個人で経営しているような車買取店の場合は、売り主と買い主の間にオートオークションを経由してオークションで落とした車販売店というふうに中間に別な業者が介在します。
つまり、そこでのオークション手数料やマージンなどが査定価格を押し下げている要因になっているからです。更に大手の車買取店は全国ネットワークを持っていることで、市場ニーズを把握しており買取価格もより適正な価格で行ってくれるはずですし、顧客データの数も豊富でしょうから、全国で自分が売りたい車の車種を探している人とのマッチングがあれば、より有利な価格での車買取が見込めると思います。
しかし中にはマニアックな希少な車種を専門とするような車買取業者もありますので、そのような場合は後者のほうが有利な場合があります。以上のことから、一度、車買取相場を買い取り店に査定してもらい、そこで査定してもらった価格を目安にして、地元の他の店との価格を比べて検討をしていくのがベストなやり方なのではないでしょうか。

BMWグループ新記録!!5月販売実績

BMW、MINI、ロールスロイスの3ブランドの総販売台数は、5月の新記録となる15万6957台。前年同月比は6.4%増と、33か月連続で前年実績を上回った。グループ全体の5月市場別実績は、米国が5.6%増の3万5127台と伸びた。しかし、欧州は1.7%減の7万5374台と2か月連続で減少。そのうち、地元ドイツは5.3%減の2万7796台と、マイナスに転じた。中国は前年同月比31.5%増の2万7815台。中国を含めたアジア全体でも、25.7%増の4万1289台と好調だ。

契約にかかる諸費用


さて、購入時に税金以外の費用がかかりますが、何があるかご存知ですか。今回はそんな諸費用について説明したいと思います。まず、「車庫証明」。車を駐車する場所を証明するのが車庫証明書です。販売店に代行してもらうと、申請代以外にも代行手数料がかかるので、少しでも節約したい方は自分でしましょう。次に、「登録代行」。販売店に陸運局での車の名義変更を代わりにしてもらう場合に発生する印紙代などの法定費用とその代行費用です。陸運局までの交通費や代行する人件費が実費で計上されるので高すぎる場合は要チェックです。かなりの高額の車を購入する場合に、ローン及びクレジット会社が公正証書を作成するときに必要なのが「公正証書作成費用」です。これは車の支払いが出来なくなったときに差し押さえするために必要な書類です。出来ればきれいに支払いを終えたいものですね。その他下取り車があった場合に、もとのオーナーから販売店に変更するための手続きに必要な諸費用である「下取車諸手続」、購入した車を指定の場所まで搬送してもらう費用「納車費用」、「点検・設備代」があります。あなたの車買取価格はこちら

クルマの水害に備えるには!?

クルマに乗っていて気をつけなくてはいけないのが、万が一のトラブル。今回は水の事故についてお話したいと思います。もしも川や海に転落したり、急激な増水や津波などで水没したらどうすればいいのでしょうか。クルマはすぐには沈みません。条件にもよりますが、前部から徐々に沈みはじめ、完全に水没するまで5~10分くらいはかかります。落ち着いてシートベルトを外して、ドアロックを解除してください。ただし、水没が始まるとドアは水圧で開かないので窓を開けます。完全に水没していなければパワーウインドウが生きている可能性があるんです。窓が開けば、急激に水が入り水没が早まりますが、窓から脱出することができます。もし脱出できなくても、窓から水が侵入して車内外の水圧が同じになればドアは開きやすくなるので、そのタイミングで脱出するチャンスもあります。もしもパワーウインドウが使えなくなったときのために、先端のとがった部分で窓を割れて、柄の部分でシートベルトを切断できる特殊ハンマーを車載しておくといいと思います。トラブルに遭遇したときにもっとも重要なのはパニックにならないこと。そのためには、特殊ハンマーなどのグッズはもちろん、もしもの事態を想定して備えておくことが重要ですね。

PAGE TOP